講演申込について

How to submit an abstract for annual meeting of Hokuriku branch of JPS in 2011

講演申込及び予稿原稿について

  講演申込は 電子メールのみ にて受け付けます。
  講演申込メール作成要領に従って講演申込メールを作成してお送り下さい。

  予稿原稿作成要領に従って PDF形式の予稿原稿を作成し, 講演申込メールへ添付してお送り下さい。
  様式に従った予稿原稿が添付されていないものは受付されません。

  講演申込及び予稿原稿提出締切: 10月31日(月)17:00 (期限内必着のこと)

○講演申込メール作成要領

 下記の様式に従って作成して下さい。
メール本文:
・「タイトル」:予稿と同じものを日本物理学会の書式に準拠してご記入下さい。
・「著者名」:予稿と同じものを日本物理学会の書式に準拠してご記入下さい。
・「所属」:予稿と同じものを日本物理学会の書式に準拠してご記入下さい。
・「発表希望領域」:後述の開催領域の中から一つ選び,アルファベットA〜Mと領域名の両方をご記入下さい。

 例: 発表希望領域: C. 磁性

・「発表形式」:確認のためプロジェクタとご記入下さい。
・「連絡先電話番号」:こちらからの返信メールが届かないときに備えて ご記入下さい。
・「備考」:登壇者連絡先がメール発信者と異なる場合などにご記入下さい。

※ 日本物理学会の講演申込書式とは,上付は^で囲む,下付は_で囲む,所属は無印,A,B...の順で上付文字とする,登壇者が筆頭でないときに限り登壇者氏名の左に^@^を付けるといったことです。必要なときはLaTeX形式でも結構です。

subjectは 申込_発表希望領域(A〜M)_筆頭著者氏名 とします(アンダースコア_は半角のこと)。発表希望領域 は半角アルファベットA〜Mで記して下さい。なお,同じ著者が複数の講演を申し込むときは, 申込_C_筆頭著者氏名1  のように氏名の後に半角の数字を付けて区別して下さい。

 例: subject: 申込_C_福井太郎2

宛先: title@apphy.u-fukui.ac.jp

なお,講演申込用メールの作成には こちらが便利です。

    (電子メールのサンプル)
       タイトル : CuB_2_O_4_の^11^B NMR
       著者名 : 福井太郎,^@^石川花子^A^,富山一郎^B^
       所属 : 福井大工,金沢大理^A^,富山大工^B^
       発表希望領域 : C. 磁性
       発表形式 : プロジェクタ
       連絡先電話番号 : 0776-XX-YYYY,石川花子
       備考 : 電話連絡希望

・開催領域

○予稿原稿作成要領

予稿原稿をPDF ファイルとして作成し, 講演申込メールに添付してお送り下さい。
ファイル名は 発表希望領域(A〜M)_筆頭著者氏名.pdf とします(アンダースコア_は半角のこと)。

 例: C_福井太郎.pdf

同じ著者が複数の講演を申し込むときは, C_筆頭著者氏名1.pdf のように氏名の後に 半角の数字を付けて区別して下さい。

<注意> PDFでも環境によって正しく表示されない場合があります。
こちらで印刷したときに不具合が発生しても責任を負いかねます。
PDFにフォントを保持するようにし,別のコンピュータでも正しく表示されることを ご確認の上お送り下さい。
フォントを保持するには,PDFファイルに変換する際に,「高品質印刷」モードを使うと,フォントは すべて埋め込みになり,文字化けする可能性が少なくなります。


・予稿原稿に関するファイル


予稿原稿をLaTeXで作成したい方は次のソースをご利用下さい。
PDFファイルの作成方法については, こちらをご覧下さい。

・予稿原稿についての問い合わせ先

 〒910-8507 福井市文京3-9-1
 福井大学 遠赤外領域開発研究センター 谷 正彦
 e-mail : tani@fir.u-fukui.ac.jp

○受取確認などの方法について

講演申込メール受信後おおむね3日以内に,講演申込メールに対して返信メールを送ること により受取確認を行います。
もし,受取確認の返信メールが届かない場合は,申込先と同じ title@apphy.fukui-u.ac.jp までご連絡下さい。
学術講演会主催側から講演申込者への問い合わせやお知らせも,備考欄に特に記載のない限り, 申込メールに返信する形で行います。
いつでもメールを受け取れるようにしておいて下さい。

電子メール以外での連絡を希望される場合は,申込メールの備考欄に その旨および代替の連絡手段を明記して下さい。


更新履歴:2011年09月16日
【2011年度学術講演会トップページに戻る】